2010.12.23

ハワイ大学留学の旅 A Study Trip to University of Hawaii

8月にハワイ大学、カピオラニ・コミュニティカレッジのフラ短期集中入学があると聞いて、私も早速参加しました。

まず初日の到着後、すぐハワイの文化にふれてビショップミュージアムで150年の時を経て終結したクーの3体の像を見学。感激、圧倒されました。

大学ではカノエ・ミラーという先生が初日のフラダンスの実技の指導にあたり、となりの方は通訳を務めましたさおり先生です。先生は品格のある通訳でした。

もう一人男性の先生もおりまして、彼はハワイの文化を指導してくださいました。そしてハワイ語で「HO’OKIPA」(おもてなし)の真髄も教えて頂き、受講初日が終了しました。

そして毎日の実技と理論にせいを出しました。

外でのトレーニング、文化を、大学で教えている大学生が指導しました。アウアナ(現代フラ)とカヒコ(古典的フラ)両方にチャレンジしました。

なまの木の葉や花を使っての自分だけの、世界に一つだけのハクを作りました。一つのハクを作るのに慣れていないため30~40分かかりました。でも私は器用なので慣れれば15分で作れると思います(笑)

最後にカヒコとアウアナの発表をやり、そのあと修了証書授与式が行われました。一人一人の名前を呼ばれ、修了証書を授与しました。すてきな涙と沢山の笑顔に包まれた授与式となりました。中央のカノエ先生のとなりはカピオラニ・コミュニティカレッジの校長先生です。


この校長先生から修了証書を授与されました。

この留学で得たフラの知識と文化を日本に持って帰って、より多くの人々にシェアし、アロハの輪を広げたいと思います。まだまだ続きます、フラ人生♡♡♡

チャームスクール 柳沢